Top page

年齢が上がってくると、頭の回転が鈍くなり、物忘れも始まり、やがて認知症になってしまうのではないかと心配になりませんか?

 

今、65歳以上の4~5人に1人が認知症とその予備軍と言われています。(2012年厚生省の調べ)

 

その認知症の実態と対処法について、詳しく見ていきます。

 

 

40代・50代・・・物忘れが始まっている

・言葉がスラスラ出てこない
・頭がすっきりしない
・もの忘れがひどい

 

・・・50代にもなると、より切実ではないでしょうか?

 

もの忘れは認知症へと進むことが分かっています。放っておいてはいけません。
早期に対処すれば認知症は防ぐことが可能です。

 

いま注目の新成分!「プラズマローゲン」にはどんな効き目がある?

プラズマローゲンの効果は、テレビで紹介されて以来、とても話題になっています。

 

認知症を予防し、改善もする等、脳の機能の改善効果が大変評判になっているプラズマローゲンその効果の実態に迫ります。

 

それから、プラズマローゲンの副作用についても細かくチェックします。

 

私は認知症の予備軍・・・?

最近忘れっぽくなったと感じる40代50代の方は、認知症の予備軍とも言われています。

今のうちから認知症を知って、出来ることがあれば実行して出来る限り予防しましょう。

 

認知症になってしまったら回復は無理と言われていましたが、さあどうでしょう・・・?

 

プラズマローゲンが発見され、認知症の救世主になっている事象が多々出てきました。
私たちは歳を取っても、ずっとハッキリした頭でいたいですね。

 

プラズマローゲンは認知症の改善効果に期待大

認知症の改善は、今まで不可能と言われていました。

 

認知症のサプリメントといえば、GINKOBA(イチョウ葉)、青魚のDHAなどが脳やもの忘れに良いとされていました。
でも認知症の改善効果まではありませんでした。

 

しかし、今やプラズマローゲンの出現で、その常識もかわりつつあります

 

プラズマローゲンという物質は、脳を再生させる働きがある、そしてそれは人間が本来持っているもので、それが失われることで、記憶障害が起こるということが分かりました。

 

つまり、認知症の予防・改善には、失ったプラズマローゲンを補えば良いのです。

 

信頼度№1.今話題のプラズマローゲン
↓ ↓ ↓

 

認知症の主な症状とは?

・記憶障害

同じことを何度も言ったり聞いたりする。
物をしまった場所や置いた場所が思い出せない。
水道を出しっぱなしにすることが多くなる。
直前のことが思い出せない。(食事をした事など)

 

・見当識障害

日付や曜日がわからなくなる。
自分の居る場所がわからなくなる。
知人の顔がわからなくなる。

 

・判断力の低下

人違いが多くなる。
夏なのに冬の服装、冬なのに夏の服装を着たりする。

その他に、症状が進むと、

・徘徊
・物を取られたという妄想
・幻覚・錯覚
・うつ
・失禁・排尿障害
・不眠・睡眠障害

等々が起こります。

 

認知症の原因は?

認知症は、病気やストレスなどさまざまな要素が原因になりますが、70%は生活習慣が原因とされています。

 

また、認知症の原因になりやすい生活習慣として、

・偏った食事
・運動不足
・アルコール、たばこの飲み過ぎ

等が挙げられます。

 

また、性格の面でも認知症になりやすい傾向というものがあります。

 

それは、自己中心的、わがまま、几帳面、非社交的などの性格です。

 

おっとり、のんびりした性格の人、外交的で社会生活を活動的に送っている人は、認知症になりにくいようです。

 

認知症に良い食事

生活習慣病もそうですが、中年期以降はとにかく、和食が良いようです。

 

ポイント1・魚

脳の働きに良いとされるDHAが青魚、マグロ、ブリ、鮭などに多く含まれます。

 

ポイント2・大豆製品

血中コレステロールや中性脂肪を減少させるレシチンが多く含まれます。

 

ポイント3・納豆

血栓の主成分フィブリンを溶かすナットウキナーゼが含まれるため、血液がサラサラに。

 

ポイント4・きのこ類

コレステロール値を下げる働き

 

認知症に良くない食事とは・・・?

何でもバランス良く食べるのが一番ですが、下記のものは生活習慣病を引き起こしやすいので、取り過ぎないようにしましょう。

 

・肉類などの動物性脂肪
・アルコール
・糖分の多い物
・脂っこいもの

 

 

認知症に良い日常生活

脳にストレスを溜めないことが大切です。

・十分な睡眠
・規則正しい食事
・趣味を楽しむ
・知的活動
・軽い運動

 

このような生活を送ることで、脳ストレス解消へと導きます。

 

 

認知症を予防するために

認知症を予防するには、脳にストレスを与えない生活をすることが大切です。
脳にストレスを与える生活下記の通りです。

・睡眠不足
・喫煙
・不規則な生活
・多量の飲酒
・精神的ストレス

 

脳を再生する物質があると知っていますか?

 

近頃、テレビや雑誌で話題になっている、脳のための物質があります。
それは、「プラズマローゲン」です。

 

プラズマローゲンの実態とは?

 

プラズマローゲンとは、「リン脂質」と呼ばれる、頭の健康に不可欠な栄養素である成分で、私たちの脳にもともと含まれているものだそうです。

 

体を構成する細胞にとっても大切な資質の1つであり、このプラズマローゲンが減少すると、情報伝達に関わる細胞の働きが低下してしまいます。

 

 

認知症の薬はどのようなものか

現在、日本国内では”アリセプト、レミニール、リバスタッチパッチ/イクセロンパッチ、メマリー”の4種類が認可されており、症状に対する効果も様々です。

 

効き方(実感できる効果・効果を感じるまでの時間・ 効果が持続する期間)は人によって違います。

 

そもそも認知症というものは、それぞれ日や時間によって、調子がいい時と悪い時の波があるものなので、薬を飲んだ時も実感できる効果は日によって違うことは珍しくありません。

 

薬は、失われた記憶能力や精神機能を回復するものではなく、薬は症状の進行を遅らせるためのものです。

 

また、効果を実感できないからといって薬を飲むのを突然止めてしまうと、症状が急に悪化してしまう場合もあります。

 

いつでも医者と相談することが大切です。

 

どの薬にもいえることですが、人によっては副作用が出る可能性があります。

 

プラズマローゲンの嬉しすぎる効果

 

・ 認知の低下を和らげる

・ 体調全般が良くなる

・ 気持ちも若返る

 

等々。
プラズマローゲンには、脳の中の老廃物を排出させる作用があるので、脳の血行が良くなり、上記のような効果が期待できるということです。

 

プラズマローゲンの副作用は?

プラズマローゲンは、もともと人間の体内に存在する成分です。
その上、国産の安全なサプリメントを選べば、副作用の心配はありません。

 

プラズマローゲンをサプリメントで摂りましょう

ここはとても大事な点です。

 

プラズマローゲンがそんなに脳に良いのなら、何故医薬品として出ていないのかというと、薬にする時には基礎研究、非臨床試験、臨床試験、承認申請等々、あらゆる段階・手続きを踏んでいかなければなりません。

 

それには10年以上の年月を要します。更に、仮に薬として開発されたとしましょう。
その場合は、症状が進んでからしか使うことができないのです。
何故なら、薬は治療を目的としているからです。

 

それではせっかくの良い成分を使うタイミングを逃してしまいますね。

 

サプリメントなら、予防対策として症状が進む前から効力を発揮してくれるので、断然プラズマローゲンをサプリメントで摂るのが有効です。

 

市販のプラズマローゲンをやみくもに購入しない

Amazon で見てきましたが、中にはプラズマローゲンと謳っているけど実際にはプラズマローゲンではなかったというものもあります。

 

せっかくプラズマローゲンを摂るなら、信頼できる会社のものを摂りたいですよね。

 

信頼できて安心してお勧めできるサプリメントは

 

それは、AMC社のプラズマローゲンです。
(「一般社団法人プラズマローゲン研究会」認証の商品)

 

 

* 安全性 *

国産の食用生ホタテ貝から抽出された成分を使用しているので安全です。

 

* 高純度 *

業界随一。
2粒にプラズマローゲンが1000μg含有されており、特殊製法技術によって抽出された高純度サプリメントです。

 

* 生ホタテ貝から抽出されたプラズマローゲンは人間の頭の中のプラズマローゲンにより近いので、安心かつ高い効果が期待できます。

 

* プラズマローゲンの副作用に関して *

プラズマローゲンは元々人間の体内に存在する成分です。
しかもAMC社の「プラズマローゲン」サプリメントの原材料は安全な国産の生ホタテ貝であり、副作用は認められていません。ただし、ホタテにアレルギーのある方は注意が必要です。

 

信頼できるAMC社のプラズマローゲンサプリメントはこちら
↓ ↓ ↓

 

私もプラズマローゲンサプリメントを摂っています

アラフィフの私ですが、物忘れが気になる今日この頃・・・。

 

実は、

・ 人の名前が思い出せない

・ 物の名前が思い出せない

・ 「アレ、何だっけ・・・?」とよく言うようになった

・ 何をしようとしていたか、何を取に行こうと思っていたか忘れる

 

といったことで、家の者との会話の中でも思い出せずにイライラすることが多発しており、まだアラフィフなのにこれではヤバい!と思い、脳に良いサプリメントを摂ることにしたのでした。

 

プラズマローゲンが認知症の予防や改善に良いと知り、どうせ摂るなら高品質のものをと思い、このAMC社のプラズマローゲンのサプリを摂ることにしました。

 

こちらが購入したAMC社のプラズマローゲンサプリメント。

 

 

プラズマローゲンサプリは品質を保つためか、アルミのパッケージに入っています。

 

アルミのパッケージの中はこのように、10粒入りのシートが6枚入っており、一日2粒30日分です。

 

透明のカプセルで、つるんとして飲みやすいです。

 

プラズマローゲンサプリを飲んだ感想 <1か月目>

サプリは大体3か月以上飲まないと効果がわからないと言われますが、私の場合こちらのプラズマローゲンサプリは、1か月目からいい感じの手ごたえを感じました。

 

「アレ、何だったっけ?」と思う回数が減った気がしました。

 

それから、忘れても記憶が戻ってくる時間が短くなったのでは・・・?と感じました。

 

気のせいかプラシーボ?かもしれないので、しばらく飲み続けることにしました。

 

プラズマローゲンサプリを飲んだ感想 <2か月目>

3箱目が届いたところですが、2か月目の感想を書いておこうと思います。

 

「アレ、何だったっけ?」と思う回数が”確実に”減りました。

 

それから、思い出せないイライラも確実に減りました。

 

実は、プラズマローゲンを飲み始める前は、主人と話をしている時に固有名詞など言おうと思っても思い出せなくて、すごくイライラすることが多かったのです。

 

脳が老化した自分が嫌ということもあり、とにかくイライラしてました。

 

その頃と比べたら、各段に思い出す速度も速いし、脳が快適になってイライラしなくなったと感じます。

 

以前DHA・EPAを飲んでいましたが、その時よりもプラズマローゲンを飲んでいる今の方が、思い出す速度が速いことが実感できています。

 

もう少し飲み続けようと思います。

 

信頼できるAMC社のプラズマローゲンサプリメントはコレ!
↓ ↓ ↓

 

 

プラズマローゲンサプリを飲んだ感想 <6か月後>

 

かれこれ、AMC社のプラズマローゲンサプリメントを5箱分も摂っていました。

 

 

気が付けば、以前のような物忘れ、あれ?何だったっけ?と思う回数、単語が出てこないことによる家の者とコミュニケーションの困難が無くなっていました。

 

物忘れでイライラすることなく、実に快適に過ごせていました。

 

これはプラズマローゲンのおかげ!?

 

本当にそうなのか、一旦、プラズマローゲンを摂るのを止めてみることにしました。

 

 

プラズマローゲンを飲まなくなって2週間目

 

やっぱりプラズマローゲンのおかげだったと、とても実感しています。

 

明らかに物忘れが復活しているではないですか!!

 

日常のちょっとしたことですが、別の部屋に移動した時に、

・今から何しようと思ってたんだっけ?

・何を取りに来たんだっけ?

・何のためにここに来たんだっけ?

 

と、見事に忘れっぽくなっています!

 

やはりここ数か月間、頭がシャキッとしていたのは、プラズマローゲンのおかげだったのでした。

 

それでは、他のプラズマローゲンサプリではどうなのかを、今後検証してみようと思います。

 

今はひとまずここまでで。

 

目に見えて効果が表れたプラズマローゲンサプリはこちら
↓ ↓ ↓

 

 

このページの先頭へ